懐の中のお札のセーブについて、ぼくはいくつか考えていることがあります。
まず、千円レッテルが無駄にいっぱいたまっているのは不快です。千円レッテルが5枚あるなら、五千円レッテル1枚になってほしい、という着想です。このことに関して、ライフサイクルの中で不快事があります。それは、5000円以上のお釣りが洗い浚い千円レッテルで現れることです。特に、ターミナルの券売機などで経験があります。これがあるとどうしても、「なぜ五千円レッテルがないんだ!」と思ってしまいます。
また、逆に千円レッテルがない、あるいは少ない状態も不快です。つまり、千円レッテルが多すぎても少なすぎても不快のです。これを防ぐためにやることがあります。それは、銀行から利潤をおろす際に、「ゼロ万円単位でおろさない」ということです。たとえば、20000円ほど利潤をおろしたいときに、あえて19000円、あるいは18000円にするといったことです。うまく引きだす費用を調整する結果、千円レッテル欠陥を解消してある。
また、これと同じことは小銭についても考えています。このような事を考えながら利潤をオーナーは少ないでしょうか?ぼくは、日ごろからそんな(どうでも効く)ことを考えています。共感してくれる個人がいたらうれしいです。フェイスブック出会いアプリがおすすめ♪