平成28世代7月額10通年勤しみた仕事を退職し、スペシャリスト女性として生計をやりくりしなくてはいけなくなった。
今まであたしはサラリー400万円程の金融機関で全ではたらく正社員。
自分のお金がこれから消え去りダディーのお金約500万円で将来の蓄えを作りながら生活をしていかなければならない。ダディー、個々人、児童1お客。生活していけるのか?
費消はざっと1.店賃4万円 2.食費4万円 3.連絡費3万円 4.水道光熱費2.5万円 5.自動車系統費1.5万円 6.社交費0.5万円 7.家計器具費0.7万円 8.娯楽費10000円 9.生命保険チャージ3万円 10.貯金2万円はやりたい!けど。。。合算22.2万円!
ダディーの手取りはおおよそ月額基準20万円。 あ、足りてない。。。インセンティブで月々の落ち込みをカバーしないと無理なんだ。。。
共稼ぎの時はこんなこと気もしなかった。
でもまぁ、明るい世帯道程のために楽しく、おいしく、幸せに節約しながらスペシャリスト女性始めます。
改修の第一としては既存費の改修。既存費といえば、生・損保の掛け金、連絡費の改修から。
掛け金は某保険コンサルタント会社で、連絡費は○Uでどれだけ削減できるのか確認してこよう。
なんてったってスペシャリスト女性!チャンスのやりくりさえできれば無限にありますから。焦らず、じっくり生計の改修やって決めるじゃありませんか。シミウス効果なし?2ch口コミは嘘?【危険成分・副作用は?】